胸を大きくする食べ物

MENU

食べ物でバストアップ!

食べ物でバストアップ

 

普段なにげなく食べているものですが、それを少し変えるだけでバストアップできる可能性があるとしたらどう思いますか?
毎日、意識して食べるようになりますよね^^

 

ここでは、そんな意識して取ってもらいたい食べ物を紹介します!
ぜひ毎日の食事に取り入れてくださいね。

 

大豆製品

豆腐、納豆、味噌、きな粉、豆乳・・・。
大豆製品って本当にたくさんあります。

 

大豆に含まれる「イソフラボン」には、女性ホルモンの分泌を促す働きがあります。
化粧水なんかにも入っていますよね。

 

普段、パンや洋食中心の食事を取っている人は、豆腐入りのお味噌汁や豆乳を飲んでみてくださいね。

 

逆に普段から和食中心の食事の人は、今のままで十分です。
大豆製品は摂取しやすいので、簡単に1日の上限量をこえてしまいます。

 

過剰摂取になると体調を崩すことにもなりかねないので、くれぐれも食べすぎには注意してくださいね。

 

キャベツ

キャベツには「ボロン」という成分が含まれていて、女性ホルモンを増やす働きがあります。
200gのキャベツで1日分のボロンが取れます。

 

ボロンは熱に弱く酸化しやすいという性質があります。
そのため効率的に摂取するには、「生」で「大きめ」にカットして、「すぐ」食べる必要があります。

 

加熱するとボロンが大幅に減ってしまいますが、酸化の場合は減少がゆるやかです。
毎日サラダだと飽きてしまうので、スムージーや浅漬けにして食べるのもオススメですよ。

 

ぶどう

ぶどうには、「ボロン」が豊富に含まれています。
大きめのぶどうなら、1/2房で1日分のボロンが摂取できます。

 

ボロンは熱に弱いですが、例外として干しぶどうはボロンを含んだままです。
干すことによって、ぶどうの栄養素がギュッと凝縮されるのでオススメです。

 

生で食べる場合は朝ごはんのタイミングで、干しぶどうの場合はオヤツで食べるのもいいですよ。

 

鶏肉

鶏肉を積極的に食べていたら胸が大きくなった!っていう話を聞いたことありませんか?
鶏肉にはタンパク質がたっぷり含まれています。

 

タンパク質は筋肉や血、骨を作って、ホルモンの分泌を促す働きがあります。
胸の土台となる大胸筋の筋肉を作るためにも必要な栄養素です。

 

鶏肉の中でも「ささみ」の部位が低カロリーでタンパク質が1番多いです。
ダイエットをしながら胸を大きくしたい人は、ささみを選ぶようにしましょう。

 

逆に痩せ気味の人は、体脂肪を増やすためにも「鶏の唐揚げ」を食べるのがオススメです。
胸も脂肪なので、体脂肪が低すぎるとバストアップしづらいのです。

 

タンパク質は動物性タンパク質と大豆製品などに含まれる植物性タンパク質の2種類があります。
片方だけではなく、バランスよく食べることが大切ですよ。

バランスの良い食事がバストアップの近道

バストアップに良い食べ物を紹介しましたが、1番大切なのはバランスの良い食事を取ること!

 

私たちの身体は色々な栄養素を必要としています。
偏った食事を取ると、他の栄養が足りなくなって逆に胸が小さくなるということにもなりかねません。

 

胸に良いからこれだけしか食べない!
という極端な食べ方ではなく、
胸に良いらしいし、食事の1品として食べよう。
くらいでちょうど良いのです。

 

女性ホルモンの分泌を促すには豊胸サプリも◎

女性ホルモンの分泌は、豊胸サプリでも促すことができます。
豊胸サプリの方がバストアップに効果的な成分を凝縮している分、短期間で効果が出やすいです。

 

食事だけだと、胸が大きくなるのに何年かかるか分かりません。
上手に豊胸サプリでサポートして、大きな胸を手に入れてくださいね!

 

>>口コミで人気の豊胸サプリをチェック!